ユーカリラディアータ

前回は花粉症の方に人気の
エッセンシャルオイルをご紹介しました。


が、私の一押しは違うオイルです。


ユーカリラディアータといって
皆さんも良く聞くコアラのえさになっている
ユーカリの一種です。


学名はEucalyptus radiata
フトモモ科で葉からの水蒸気蒸留です。
呼吸器系への効果について研究が行われているようです。


香りはスーッとする涼しげな清涼感のある良い香り。


私の使用方法は
鼻やのどに違和感があるときには
マスクの間に入れるガーゼに
ユーカリラディアータを一滴たらしてマスクをします。


特にこの時期は鼻水が出たりと大変なので
ユーカリラディアータには助かっています。


リフレ(私の仕事)では
鼻やのどにあたる反射区にあたるところへ
ユーカリを塗布して使うこともあります。

足全体でもいいと思います。


これからの時期、部屋が暑いときに
ユーカリラディアータを噴霧すると
気のせいか涼しげに感じると思いますよ。


ユーカリラディアータは
喘息の方にも効果が期待できると
言われることがあるようですが、
あくまでも日本では薬ではないので、
使用については医師の相談が必要です。


妊娠中の方や現在通院中の方は医師にご相談ください。


花粉症へのお勧めエッセンシャルオイル

この季節になると
多くの方と話すのが花粉症


結構悩んでいる方が多いですね。


エッセンシャルオイルの中でも
花粉症のこの時期に人気のものがあります。


ティートゥリーというエッセンシャルオイル
この時期は
エッセンシャルオイルの中で
売り上げナンバーワンのエッセンシャルオイルです。


学名はMelaleuca alternifolia
葉からの水蒸気蒸留での抽出です。


比較的使い勝手がよく、
花粉の時期には
マスクの間に入れるガーゼに
この ティートゥリーオイル を
しみこませている人が多いようです。


ほかにも
ティートゥリーオイルは
殺菌性が強いとされ
菌による感染を予防する助けもあるようです。
噴霧したり手にとって香るのも良いと思います。


ほかにも花粉症の方にお勧めの
エッセンシャルオイルがありますので
次回にご紹介します。

ラベンダーオイル

今回は
ラベンダーオイルをご紹介です。


しそ科で学名はLavandula angustifolia
抽出方法は花弁を低温低圧の水蒸気蒸留がお勧め。


ラベンダーが持っているリラックス効果は
皆さんもよくご存知のことでしょう。


ラベンダーは癒しや感情の安定など心に優しい
エッセンシャルオイルです。


ラベンダーはイギリスで薬として登録され
病院で使われている数少ないエッセンシャルオイルです。


ラベンダーの効能としては
スキンケアに適しているといわれ
フランスのガトフォセ博士は自分のヤケドの改善を発見しています。


私のラベンダーオイルの使用方法は
頭痛時にラベンダーオイルをこめかみに塗布したり、
肌にかゆみがあるときにラベンダーオイルを患部に塗布します。
アトピーの娘にもラベンダーオイルは好まれています。


疲れている時にはラベンダーオイルを手にとって
両手で鼻を覆うようにして吸入します。


家の中にありが発生したときに
ラベンダーオイルを虫除けとして使用したこともあります。
わが家では効果がありました。

ラベンダーの花を玄関において虫除けにしている方がいたので
ラベンダーオイルでもできるかと試した結果でした。




妊娠中の方・現在治療中の方は医師へのご相談をお勧めします。

ディフューザー

エッセンシャルオイルの香りを楽しむために
様々な道具があります。


ちまたで多く出回っているものには
アロマポットがありますが、
わたしの一押しは
ディフューザー。


アロマポットは熱を使って
エッセンシャルオイルを蒸発させて楽しむものですが、

ディフューザーは
ポンプの力で
エッセンシャルオイルを霧状にして
噴霧するというものです。


エッセンシャルオイルの香りのみに興味がある方には
アロマポットでいいと思いますが、

エッセンシャルオイルの持つ効能などを求める方には
ディフューザーですね。
でもちょっとお高いですよ。


エッセンシャルオイルはデリケートで熱に弱く
香りは残っても別物に代わってしまうために
効能などは変わってしまいます。


エッセンシャルオイルは香り以外でも驚きの力を持っています。
今後少しずつご紹介します。


エッセンシャルオイルの注意事項

エッセンシャルオイルの使用にあたり
注意する点がいくつかあります。


正しい方法で使用する場合は楽しみながら使用できますが
エッセンシャルオイルの使い方を間違えると
とんでもないことになります。

肌への塗布についての注意点です。


エッセンシャルオイル を使用するときは
必ずエッセンシャルオイルが自分にあったものか
パッチテストをして確認してください。


腕の内側の肌が敏感なところがパッチテストにむいています。
人によっては痛みを感じたり、
痒くなったりと異常を感じる方もいらっしゃるようですので
必ずパッチテストをお勧めします。


ほとんどの場合
エッセンシャルオイルを
植物性の油で薄めて使用するというのが、
現在の日本の主流です。が、
敏感な目や鼻の中、耳の中、お尻近辺にはつかないように
気をつけて使用してください。


もしエッセンシャルオイルが目に入ったなどあれば水ではなく、
植物性の油で洗い流すようにして、その後病院へ。


他には
柑橘系のエッセンシャルオイルは
感光性で肌に塗布してすぐに日にあたると、
しみなどの原因になることも考えられますので、
柑橘系のエッセンシャルオイルを塗布するときは
外出しないときにしましょう。


最近では
グレープフルーツのエッセンシャルオイルが
ダイエットへの人気になっていますが、
しみなどできないようにご注意ください。


メーカーによってはエッセンシャルオイルをサプリメントとして
紹介しているところもあります。


エッセンシャルオイルの香りを楽しむだけでしたら
敏感なところにつかないようにする以外は特に注意点はありません。

エッセンシャルオイルの選び方続

エッセンシャルオイルを選ぶ方法について
迷われている方は多いと思います。


本物のエッセンシャルオイルとは
100円ショップなどには置いていません!!


でも高いからいいというものでもありません。
金額でははっきりと良いものなのかは分かりません。


いくつか購入時に注意することやお勧めをご紹介します。


商品名(例えばラベンダー)と一緒に学名があるかを見ます。
ラベンダーだったらLavandula angustifoliaが学名です。


100%ピュアな精油という記載も確認してください。


抽出部位(花・葉・根など)や
抽出方法(低温低圧の水蒸気蒸留)を確認します。
柑橘系やローズ、ジャスミンなどは違った抽出方法になります。


ボトルの色も大切です。
遮光瓶でしかも茶色か青がいいと思います。


個人で使用するためなら上記の項目で
良いものを見つける事ができます。


商用の場合は成分の確認や栽培国、
無農薬かなど必要項目がプラスされますが、
ほとんどの方は個人使用だと思いますのではぶきます。


ふたを開けて香る匂いと手にとって香る匂いは違いがあるので、
もし購入時に試す事ができれば
手にとって自分にあったものか確認するのも良い方法です。


保存するときはふたをしっかり閉めて冷暗所に。

エッセンシャルオイルの選び方

人気の上昇に終わりが見られない
エッセンシャルオイル。


いろんな雑誌やメディアで紹介されていたりするが、
購入時のお勧めや注意点、使用方法などはなかなか紹介していない。


興味がある人が専門書を購入し自分で学ぶのがほとんどだろう。


リフレクソロジーを仕事としている私は、
仕事柄エッセンシャルオイルについても学び、
香りと効能の両方を学んでいる。


来店したお客様より
エッセンシャルオイルについてのご質問を頂く事が多い。


どこのメーカーのエッセンシャルオイルが良いのか?
いくら位のものが善いのか?
100円ショップのはどうなのか?
どのオイルが自分にあっているのか?
どのように使えばいいのか?


質問は他にもいっぱいありました。


そこでブログを通して疑問のある方にチョとづつ
エッセンシャルオイルについてご紹介していきます。


読んでいて質問がありましたらご自由にどうぞ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。